【おにくや食堂 一心・鹿児島市西千石町】中山牛を喰らってきた

2017031




あれは、鹿児島に梅が咲く3月上旬。花より団子とはこのことで。「肉が食いたい…。」その一心でランチを探していると、僕の今の気持ちを見透かしたかのようにgoogleはお店を見つけてきた。

「おにくや食堂 一心」

少し恥ずかしい気持ちになった。

mantaro
「おにくや食堂 一心」の場所はこちら!

二階にあるのでわかりづらいです。駐車場はないですが、近隣にコインパーキングがあります。

鹿児島県長島の自家牧場で黒牛を飼育する中山牧場直営「中山亭」の姉妹店らしく、甘く濃厚な肉質のブランド牛「中山牛」を使った料理が気軽に楽しめる!というのがここのコンセプトとのこと、楽しみ。店内はカウンター席も多く1人でランチに来ている方もいました。二階なので店内の雰囲気がわからないのが不安でしたが、気軽にいける雰囲気のようです。

メニューです。「なかやま牛焼きすきセット」がオススメと言われたのでそれで今回は行きました。ご飯がおかわりできるとのことで。これはポイント高いです。

登場です、熱々のスキレットにて登場です!(熱いのでLODGEのハンドルカバーが付いてます、かわいい)てか、これ絶対ウマいやつ。肉の下には自家製の、割り下にもやしが軽く浸かっています。添えられた生卵をしっかりととき、いざ実食です。薄切りの中山牛にもやしを包み生卵にさっとくぐらせ口の中へ…おお!うまい。少し甘めの割り下に負けない肉の甘みが口の中に広がります。これはご飯がすすみます!!飯もおかわりしました!もやしも多めに入っているのでボリューム感もあります!

ランチでこの値段でこれだけ食えればかなりお得感があります。腹一杯に食えます!ただ、みそ汁が自分の舌が味覚を感じなくなったのではないか?と不安になるくらい何故か全く味がしなかった、ここだけが非常に残念でした。定食の重要なポイントであるみそ汁…。このみそ汁が悪いと…こうちょっと寂しいよね。それでもランチでこの中山牛というブランド牛がしっかりと食せるこの定食の満足感は最高です、焼肉も色んな部位が提供されてそうだったので是非焼肉も今度食ってみたいなと思いました!

おまけ

このお店もそうでしたが、スキレットいいですよね。LODGEのハンドルカバーも可愛いいですね。自分は何故か、このを仕事関係の方から頂きまして、スキレット料理のレシピやそのレシピの歴史やエピソードが紹介されている本なのですが。アウトドアでも活躍する知識や、大判の本ならではのダイナミックな写真、色使いと写真集としても楽しめるワクワクする本でした。スキレットの魅力がつまった一冊ですので興味ある方にオススメです。