疲れている人は「一日一生」を読んでみるといいと思うよ。

IMG_3906




誕生日に友人から「一日一生」という本をもらった。
千日回峰行という修行を二度も成し遂げた、酒井雄哉という偉いお坊さんの書いた本だ。

千日回峰行は約七年間かけて比叡山中を千日間、回峰巡拝する天台宗独特の修行法。行者は、半開の蓮の葉をかたどったほのき笠を頭に、白装束に草鞋履き、死出紐を肩に掛け宝剣を腰にした姿が特徴。行を挫折したら自害するという覚悟のいでたちだ。初年から三年は深夜から朝にかけ、二百数十箇所を巡拝しながら一日三十〜四十キロの道程を毎年百日間歩く。四、五年目は毎年二百日、計七百日の回峰をする。七百日の回峰行を終えると、不動堂に九日間こもり、暖竹、断水、不眠、不臥で不動明王の真言を十万回唱える「堂入り」という行が課せられる。六年目は一日に歩く行程が六十キロになる。最終年の前半百日は比叡山中と京都市中八十五キロを歩き、後半百日は比叡山中三十〜四十キロを歩く。こうして七年間で歩く行程は延べ四万キロ近く、地球一周分に相当する。

常人には到底不可能とも思える修行です。そんなお坊さんが書いた本だから有り難いことがたくさん書いてあるんだろうなって思って読んでいると・・・気付いた。こいつ、ろくでもねぇ奴だわw

読み終わってみれば、何だか救われた気持ちになるような素晴らしい本なんだけど、途中までダメ人間エピソード満載。その中でも笑ったエピソードがこれ。

戦後、父親が知人から法政大学図書館の仕事を紹介してもらうも「他にあてができたから」ということで、断りに行かされた著者。幸運にも「よかったら君が働かない?」と声をかけていただき、働き始めることになった。初めのうちは広い図書館でどこに何があるか分からずに人の助けを借りてばかりいたが、軍にいた頃の訓練のおかげか要領を得ると、人の何倍も速く仕事をすることができるようになった。その仕事ぶりを見た大学の先生が感心して「勉強して大学に行きなさい。」とアドバイスをしてくれたが、試験には前に行っていた学校の成績証明書が必要で、取り寄せてみると「さぼってばかり」「品行がよくない」とか書かれていた。それを見た著者は自信を失くして、図書館に行くのも嫌になって職場放棄。家族には「辞めた」とは言っていないから、しばらくは朝八時に家を出て、東京を一日中歩いて、夕方五時には帰っていた。

この話の締めが「仏さんが千日回峰行の練習をさせてくれてたんだなぁ」って!

思わず、ずっこけたよw

他にもソバ屋で働いてた時は若い女の子をいじめて辞めさせたり、セールスマンをやってた時はピンハネをしたり・・・。「そこらへんのしょーもないおっさんが書いた本じゃないか?」と思って読むとそう読めてしまうくらい。でも、ここらへんを隠さずに書くところが凄いなと。無駄なことなんて一切なくて、大事なことはそこから何を得るかということを言いたかったのだろうか。一日一日丁寧に生きていれば、変わることができるということを言いたかったのだろうか。答えは本人に聞くしか無いけど、答えを出したらそこで終わり。分かった気になって考えることを止めてしまう。

折に触れて、読み返して自分なりの答えを探していきたいと思う。

「なんでふらふらとあんなことをしてしまったんだろうな。人生に迷っていた時だからだろうか。人間にはそういう残酷だったり、ずるをしようとしたりする部分があるんだろうか。仏さんにはみーんなお見通しなんだよな。だから、たえず一生懸命、ざんげして、自分を律していかないといけないんだよな。」

「どんなにひどい目にあっても、時間がたてば必ず、いろいろなことがあったなあ、と思える時がくるよ。後になってから意味が分かることもある。だから、あせることも、自分はだめだと思うこともないよ。目の前のことをただ、一生懸命やるだけだよ。人生はその時だけじゃないんだって。」