キミも「読書の全技術」を読んで、一緒にインテリぶろう!

本を読んだ後に「どういう本だった?」と聞かれたら上手く説明できるでしょうか?
ただ何となく読書していませんか?
齋藤孝先生の「大人のための読書の全技術 (中経出版)」を読めば、さよなら さよなら 俺の嫌いなところだけ できるかもしれません。

どういう本なの?

この本は、「誰よりもたくさんの本を、誰よりも精密に読み込み、すぐに仕事に応用できるようになる方法」のすべてを、書いた本です。

たくさんの本を読むには速読の力、精密に読むには精読の力が必要になってきます。
それぞれのコツをみていきましょう。

速読のコツ

速読する場合、一字一句を読み込むことが目的ではないのは言うまでもありません。あくまで、その本の内容を理解することが主な目的です。ですから、まず「本の内容を要約できればいいんだ」というゴールをはっきりさせることです

僕も本を読むときは、まず疑問点を明確にするようにしています。まえがき・目次・あとがきを本文よりも先に読み、「なぜ◯◯は☓☓なのか?」のように具体的な質問にしてしまえば、あとはその答えを探すように読んでいけばいいのです。かなり効率よく読むことができます。もちろん、小説など文学的な本はじっくり前から丁寧に読みますよ!

当たり前のことですが、一冊読んでいる人と一〇〇〇冊読んでいる人では、読書の質と量が違います。読む速度も違えば、理解力にもかなりの差が出てきます。  ここで重要なことは、読書の質が高い人は量も処理できるし、量を処理できる人は質も高いということです。読書をすればするほど、質量ともに向上していくのです

なぜ読めば読むほど楽に、速く、正確になっていくかというと、本は知識で読んでいるものだからです。それゆえ、読書においては、知識の積み重ねがそのまま実質的な意味を持っており、量を重ねていくことで質的な変化を起こす……いわゆる量質転化が起きるのです

「たくさん本を読む方法は、たくさん本を読むこと」と元も子もないようなアドバイスですが、思い当たる節はありませんか?自分が興味のあるジャンルの本はスラスラ読めるけど、そうでないものは全然前に進まない・・・みたいな。専門外の分野の本を読むときは、同じジャンルの本をまとめて集中的に読むといいかもしれないですね。そこで多読という考え方が出てきます。

多読のコツ

まず、なによりも大切なのは、自分の中でルールをつくることです。たとえば、「電車に乗ったら携帯をやめて本を読む」と決めてしまうのです

僕もお風呂に入る時はkindleをジップロックに入れて、読書をしています。ついつい、長風呂になって嫁に怒られますので真似をする時は気をつけてくださいね!

本と人との関係は、恋愛に少し似ています。店頭で本を購入するのは、一目惚れしたようなものです。しかし残念ながら、一目惚れしたときのテンションは日々薄れていってしまいます

喫茶店に入って、一冊につき二〇分ぐらいかけて、サッサッサッとページをめくりながら、その本の内容を人に話せるぐらいまで把握します。  それをやっておくと、次に取り出すときには、もう天日干しした状態なので、いつでもすぐに食べられる(読める)状態になっていることになります

齋藤先生は本を買ったら、すぐに喫茶店に飛び込むらしいです。たしかに、本を買った時は一番熱が上がっている時ですから吸収率もよさそう。カフェにいく口実にもなりますし、取り入れてみようかしら。

精読のコツ

そもそも、文学作品を読むという行為は一種の娯楽です。その世界を楽しみ、味わうことが目的なのですから、それを速読するというのは、フルコースを10分間で食べてしまうなもので、なんとももったいないことです

何でもかんでも速読しろって話じゃないと。フルコースを10分で食べるなんて、愚の骨頂だよ。繁華街を歩きながら、「どこにしようか?」なんて言いながら居酒屋選んでる時に「どこでもいいよ。早く入ろう。」と言うやついません?「味なんかどうでもいいんだ!唐揚げとビールさえあればそれでいい。その後、お姉ちゃんのとこに行ければ最高だ。」っていう人。それと一緒・・・ではないですね。ちょっと思い出したものですから。

つまり、急がば回れではありませんが、本当の読書というのは、身につけたことが一生分身につく、というぐらいの精読のことなのです。 そのためには音読すること。そのときは大変でも残るものが大きいので、結局は得をするのです

音読ですか・・・誰も聞いていなくても、恥ずかしいんですよね。噛むから。

まとめ

Amazonのレビューでは賛否両論のようですが、僕は楽しく読めました。
「社会人が読んでおくべき50冊の必読リスト」というものが最後に付いているのですが、そこで紹介されていた本がどれもおもしろそうで、このリストのためだけに買っても損はしないと思います。間違いなく、オススメです!

おまけ