コンプレックスを人生の武器に変える笑いの力ってなんなのよ

知ってる方も多いかと思いますが、放送作家の高須光聖さん(果物屋の息子)
芸人、ダウンタウンを語る上で、この人の存在を忘れてはならないでしょう。
ダウンタウンのお二人とは幼少期からの付き合いで、現在はダウンタウンのブレーンとまで称される男
そんな高須さんが、2015年7月3日の恵比寿にあるAct*Squareにて開催された。TEDxTokyo 2015にて「笑いと快感」という、なんや真面目なテーマを掲げスピークしたということで、早速youtubeにてupされてたので拝見いたしました。

笑いは必要か?

高須氏は、まず冒頭に笑いの必要性についてこう答えています。

笑いが必要かどうかは分からない、ただ一つだけ言える事は、例えば「笑ったら裸にならないといけない」というルールがあったとしても人は半日も保たず絶対笑ってしまう。神様が与えたもの。体の欲するものである。

必要性については微妙に答えてないですが、まぁ「必要とか必要じゃないとか野暮、それは野暮!笑いとは人間の標準装備なんですよー!」ということをまず定義してますね。
「色んな意見あると思う。でも今日はこの定義でいきまっせ」と宣言することで、人それぞれバラバラに解釈してる「笑い」という抽象的なものを、ガッとした感じですかね。神様出されたらたまらんぜ!
でも、この定義は実際に証明されています。ガキの「笑ってはいけない」シリーズや「七変化」シリーズ。納得できる一つの定義でもありますね。ちなみに「七変化」シリーズの最下位は高須光聖さんでもあります。どないやねん 笑

共感と意外性

ここからが本題でしょうか?笑いとは大きくこの二通りに分けられるとのこと。
まず「共感」の笑いについて高須氏はこうおっしゃってます

共感の笑い=「あるあるネタ」「モノマネ」

これは分かりやすいのではないでしょうか?まず「あるあるネタ」ですが
なんとなく万人が知ってるであろうという前提のもと共感が生まれ笑うということだと思うのですが
高須さんと松ちゃんがやっていたラジオ番組「放送室」を聞いていると、「あるある」トークをするんですが、なんかその「あるある」とはまた違った感じを受けるんです。それを言葉で分析すると、ちょっとサムくなるのでそんな回を紹介だけさせていただきます!





めっちゃくちゃ面白いです!でも、同じ経験はしてないのに「あるある」って感じるて不思議ですよね。多分自分になんとなく似たような経験を探して勝手にあてはめてしまう。恐らく、喋りがうまい人は「共感させる」ということができるんでしょうね。
また「モノマネ」についても、この「共感させる」力が働きます。



これもある種「モノマネ」によって「共感させる」笑いですよね。だって全員知らんし。鈴木桂治知ってるけど、声脳内再生できないし。それでも笑うって。それにしても幼稚園の話の最後、松ちゃんもつぶやいてますが「なにがおもろいんやろ」って本当何が面白いんだろうっていうくらい面白いです。
次に「意外性」の笑いについてですが、芸人ほっしゃんのすべらない話で披露してたトークを参考に話されてました。
この「意外性」の笑いというのは動画で見た方が分かりやすいかと思います。
ほっしゃん自身が話してる動画がこちらです。

この、ほっしゃんの意外性の笑いというものの中から、高須さんはこう分析しています。

言葉のマジック!

二回殴られるという意外性に加え。暴力、悲惨というネガティブな体験!このネガティブなものの中に笑いは潜んでいる。それを話し手がうまく引き出すと、笑いになる。これは言葉のマジックである

さらに高須さんは、色々なネガティブ要素から、コンプレックスに着目!

コンプレックスに向き合うと笑いが起こる。
コンプレックスと向き合い、さらけ出すと武器になる

何をいってんねん!て感じですが、こういう抽象的なものは説明より、
「放送室」で見つけた動画を見ていただけたら、コンプレックスが笑いになるなって、分かると思うんです、思うんです!とりあえず見てください(ほぼ貧乏話ですが 笑 )




確かにコンプレックスが確実に笑いに、そして武器になってますね。こんな経験してなきゃ話せないし、羨ましくもなります!
そして、また高須さんが何か言い始めました!ずっと何言ってんだよ緊張しすぎや!って感じです。放送室のようなスムーズさがないですよね 笑 

笑いは最も平和的に、人を支配する。

高須さんが誰か分からない人の言葉を引用しおっしゃっいましたが。先ほどもいいましたが「共感させる」という力が、ある種の「支配」ということなんでしょうね。僕はそう思いました!
今回は高須さんが主役ということで、放送室での動画で紹介しました!
これもおもろいぞー!っていうおすすめの回あれば是非教えてください!

全部欲しいです。

おまけ

最高ですね、本当哀愁のあるトークのエンディングで流れてくると、笑いと寂しさで複雑な気持ちになります!